――延福寺
 直義は思うように動かぬ体を横たえ、与えられた部屋の隅からぼんやりと外の景色を眺めていた。春を喜ぶ小鳥が羽ばたき、囀っている。
 俺は、兄の幸せをただひたすらに望んできた。兄のためならなんだってやれる。己の心を殺すことすら厭わない。それが、俺にとっての幸せなのだから。兄に必要とされることが生きている意味であり、兄に必要とされなければ生きている意味など皆無なのである。
 しかし、もはや兄に俺は必要ないのだ。否、そもそも自分が兄にとって必要な存在であると思っていること自体が傲慢なのだ。

 自分が生きていることで、兄を苦しめ続けているのならば、俺が最後に兄のためにできることは――

 ずっと、二人で一つだと思っていた。二人なら何でも成し遂げられると思っていた。俺に兄が必要なように、兄にもまた俺が必要なのだと。俺たち兄弟はさながら比翼連理の関係なのだと。そう、思っていた。
 しかし、それは全くの幻想で。直義の願望にしかすぎなくて。もともと兄は天穹を思うが儘に羽ばたくことのできる自由な小鳥だったのだ。俺は、兄が居なければ、飛ぶことは疎か、囀ることも侭ならぬというのに……

 囀ることすら叶わない哀れな鴆は、己の羽毛の毒で死に至るのである。

冬の終わり。あたたかな風が心地良い、春二月。
 ゆっくりと目を閉じると、かつて故郷で兄とよく遊んだ曼珠沙華が咲き乱れる美しい川辺が見えた気がした。


***


 饗庭氏直は走っていた。早く、早くこの事実を主人へと伝えなければ……!
「御所! 一大事でございます」
「直義が、死んだか」
弟の死に対して、氏直の主人尊氏は驚くほど落ち着いていた。まるで、弟の死を予知していたかのような尊氏の素振りに、氏直は一瞬怖気を感じた。
「は、はい。今朝、御様子を御伺いしたところ、既に事切れておりました。服毒による自決のようです」
「そうか……」
「……」
 暫し、沈黙が流れる。尊氏は無表情で鳥籠の小鳥を眺めながら、氏直に問う。
「直義は、最期に何か俺への恨み言を言っていなかったか?」
「いいえ、何も」
不意に、尊氏は床に拳を叩き付けると大声で泣き始めた。その衝撃で、鳥籠の中の小鳥が驚いて逃げ出す。氏直も驚き、より深く頭を垂れる。
「ばかだ……! 俺も、お前も……! 何故こうなってしまったんだ……! これが悪い夢だというのならば、早く覚めてくれ……! 直義……直義……! 何故俺を置いて逝ったんだ!」
 慟哭する主人の傍らで、氏直は胸を押さえる。この胸の痛みは、主人を思っての痛みではない。主人の弟への嫉妬心である。
 己の死をもって、自分という存在を主人に深く刻み付け、生涯忘れることの無いようにあえて恨み言を言わなかった主人の弟を憎く思うが故の痛みである。
 (直義さまは、残酷なお人だ。主人に恨み言の一つや二つ、残してくれれば私が主人をお慰め申し上げたというのに。これでは、主人は生涯貴方を忘れることができないではないか! 貴方というお人は、なんと残酷な弟君でありましょうや!)
 氏直は、美しい顔を悔しさで歪めながら、その場から静かに立ち去った。